ベースカーブについて

BC(ベースカーブ)について カラコンの選び方

カラコンをはじめ、ソフトコンタクトレンズを購入する際に必要となるのがBC

コンタクトを通販などで購入する際に、「BC8.6mm」とか「BC8.7」とか書いてあるのを見たことがあるのでは?

BCとはベースカーブの略で、簡単に言えばコンタクトレンズのカーブを意味するものです。

BCには「8.3」「8.6」「8.7」「9.0」など様々な数字がありますが、カーブの曲がり具合がこれらの数字で表されています。

数字は、大きくなればなるほどカーブが緩やかに。

小さくなればなるほど、カーブがきつくなります。

bc

ちなみに、日本人の平均は8.6~8.7程度。ですが、使い捨てレンズの場合はレンズ自体が柔らかく、目にフィットするように作られているので、多少の違いは許容範囲となっています。

例えば、今まで使い捨てコンタクトのBC8.6を使っていた人がBC9.0をはめても特に違いが分からないことが多いようです。

ですが人間は、一人ひとりで眼球の大きさやカーブが違います。

もし自分に合わないBCを選んでしまうと、

・装着のしにくさ

・ゴロゴロ、不快感

・ずれる

・はずれやすい

などの装用感に影響を及ぼしてしまう場合があるため、自分に合ったBCを選ぶ必要があります。

 BC(ベースカーブ)ってどうやって測るの?

BCは眼科で測ってもらうことが出来ますが、基本的にはBCは視力とは違い「あなたのベースカーブは○mmです」というように診断結果を書いてもらうことは出来ません。

あくまでも、「自分の眼科で売っているレンズのBCで合うか、合わないか」しか調べてもらえないのです。

これは、BCがいくら一緒でもレンズによって装用感が異なるためで、眼科で合いそうなBCのレンズを選んでくれ、客が装用して、医師がセンタリングやフィッティングをチェックして、はじめて「このレンズのこのBCは合う」と判断出来ます。

※近年では、カラコンの普及によりベースカーブのみを測ってくれる眼科もあるそうです。

「コンタクトレンズをはめた事が無いけどカラコンをしたい」という方は次のような行程を踏まえて購入するのがおすすめです。

・眼科に行き「2ウィークアキュビュー」など その眼科で取り扱っているレンズの処方箋が欲しい、と言う

・度数やベースカーブを図ってもらう、医師に目の状態をチェックしてもらう

・処方箋を受け取る

・それに見合ったカラコンを購入する。(8.6や8.7の場合、9.0ぐらいまでは許容範囲)

初めてコンタクトレンズをする、という人はスタッフにレンズの付け方や外し方、ケアの方法も教えてもらえるので、是非教えてもらいましょう。

ただ、BCはあくまでも「基準」であり、そのレンズが必ず合う、というわけではありません!

カラコンの口コミで「付け心地が良い」という人がいる一方、「ゴロゴロする」「見えにくい」などという人がいるのは、BCの違いやサイズ、レンズの形状、素材で個人によって合う、合わないがあるためです。

特に初めてカラコンをした、という方はカラコンをはめて問題が無くても、しばらくカラコンをはめて過ごした後、目に異常が無いかを眼科でチェックしてもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする