1年カラコンが無くなった?

1年カラコンが通販からなくなった!!

1

使い捨てカラコンに比べると安い1年カラコン
特に、毎日カラコンを使っている方にとってはコスパの良さが魅力。多くの人は、一年カラコンを使用していたのではないのでしょうか?

ところが、平成27年4月ごろから1年カラコンを取り扱うお店が少なくなっていて、現在では楽天やAmazon、コンタクトレンズ通販店など多くのお店で1つも1年カラコンの取り扱いが無い状態に!

一体、1年カラコンに何が起こったのでしょうか?その理由を調査してみました。

1年カラコンは販売停止に!?その理由とは・・・

1年カラコンがなくなったのは、モテコンやアネコン、ジョイポップなどの1年カラコンでおなじみイノバビジョン社製のカラコンにUV吸収剤が使われていたため。

イノバビジョン社製カラーコンタクトレンズ自主回収のお知らせ[PDF]

UV吸収剤自体には害は無いものの、国に認可してもらう際このUV吸収剤の存在を記載していなかった為に、承認事項からの逸脱品として自主回収。事実上の販売停止となってしまったんです。

1年カラコン自体に安全性の問題があったわけでは無く、法的な理由で・・・という事なんですね。

ちなみに、イノバビジョン製のそれまで人気だった1年カラコンは全てマンスリー(1ヶ月)使い捨てレンズに移行。1年カラコンが復活する見通しは無いそうです。

1年カラコン取扱店はまだある!

イノバビジョン製の1年カラコンが無くなって、通販でも1年カラコンの取り扱いがあるお店はもうほとんどありません。

ですが、かろうじて1年カラコンを取り扱う通販店も。

ジーニーカラコン

↑ ↑ ↑このgeeenieというサイトでは、1年カラコンを取り扱っています。
ちなみに、全ての商品に「高度管理医療機器承認番号」の記載はありません。
※高度管理医療機器承認番号とは・・・厚生労働省から厳しいチェックを受け、承認を得ている安全な商品のみに付けられる番号。

ですが、「FDA」や「CE」等、国際規定(ISO規定)で認められた工場で製造された安全なカラコンを販売しているサイトです。
商品に不備があった場合7日以内なら返品・交換を受け付けてくれますし、対応は日本人が行ってくれるので安心。

「厚労省の認可が降りた安全なカラコンしか使いたくない!」という方には向いていないかもしれませんが、ここのカラコンを使っている人は非常に多く、非常に人気のお店となっているんです。

今のところ目立って「目に異常が出た!」「色素が落ちた!」など「問題があった」と訴える人はいないようです。
私自身もここのカラコンを使用していますが、全く問題ありません。

ちなみに、1年カラコンは毎日の洗浄やたんぱく質除去の必要性があるなど、使い捨てレンズに比べると取り扱いに注意が必要
これを怠ると、レンズの劣化や眼病の原因になってしまう事も。
1年カラコンを使う際には、しっかりとお手入れをして、正しい使い方を守りましょう!

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする