未分類

カラコンすると乾く!ドライアイの対策法

投稿日:

カラコンすると乾く!ドライアイの対策法

目が乾く!でもカラコンは付けたい・・・良い対策法は?

目が乾きやすいドライアイの人って、とっても多いですよね。私もその一人です。

特にカラコンをするとすぐ目が乾く!ひどい時は、朝付けて1時間ほどでゴロゴロが・・・
目が乾いてしまうと、それが気になり集中力が低下。仕事などに支障をきたしてしまいます。

若い時はそうでもなかったんですが、年齢を重ねるたびにひどくなっている気が・・。
そもそも、ドライアイってなんなんでしょう?

ドライアイとは

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行き渡らなくなる病気であり、目の表面に傷を伴うことがあります。いわばドライアイは涙の病気と言えます。
高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイ患者さんも増えており、その数は2,200万人ともいわれています。
参照:参天製薬

なるほど、つまりドライアイは、目に涙が足りなくなるから起こるんですね。
私が年齢を重ねるたびにドライアイの症状が顕著になっているのは、「高齢化」「パソコンやスマホの使用」「コンタクトの使用」が当てはまります。
それにしても、日本人の1/6がドライアイだなんて!オフィスで仕事をしている方は、1/3にもなるんだそうです!思ったより多くてびっくりです。

カラコンをすると目が乾く原因

普段透明のコンタクトをしていたり、メガネで過ごしている時は目は乾かないのに、カラコンをすると乾く・・・そんな人も多いですよね。私もそうです。
なんで、カラコンって目が乾きやすくなるんでしょうか???

そもそも、水分を含むソフトコンタクトは、目に入れた時に異物感が無いものの、とっても乾きやすいんです。
同じコンタクトでも、ハードよりも乾きやすい傾向に。その理由としては
・目に酸素を通しにくい
・時間の経過によりレンズの水分が不足すると、目の水分を奪う
といったものがあります。

また、コンタクトは時間が経つと、目から出たタンパク質などの汚れが付着し、それがゴロゴロの原因にもなります。
タンパク質は、ドライアイの人ほど多く出やすい傾向にあります。

ただでさえソフトレンズは乾きやすいのに、色素が入ったカラコンはもっと酸素を通しにくくなり、乾きやすい環境にあると言えます。
うーん、カラコンってやっぱり目には良くないのね・・・。

ちなみに、カラコンを付けて目が乾くと、次のような症状があらわれます。

目が乾くと起こる症状
・目がゴロゴロする
・目が疲れる
・物がかすんで見える
・瞬きの回数が増える
・充血する
・コンタクトが目にくっつく
・コンタクトがずれる
・目がかゆくなる

特に、カラコンを付ける頻度が高くなったり、装用時間が増えるたびにこれらの症状があらわれやすくなります。
ドライアイを放っておくと、角膜が傷つき、視力の低下や角膜感染症をはじめ、数々の眼病の原因になってしまいます。
そのため、「目が乾くぐらい」と放っておくのではなく、対策をすることが必要となります。

ドライアイは治るの?

一度涙の分泌量が減ってしまうと、元の涙の分泌量に戻ることはありません。つまり、ドライアイになってしまうと完全に元には戻らないんです。ですが、原因を取り除いたり、対策するすることで症状を緩和することが出来ます。

また、眼科によっては「ドライアイ外来」として症状に合った様々な治療をしてくれるところも多いので、気になる人は一度診察を受けてみるのをおすすめします。

ドライアイの対策法

ここからは、ドライアイの私の対策法7つを紹介していきます。
同じくドライアイに悩んでいる人。目が乾きやすい人、カラコンをしたいけどドライアイにはなりたくない人など、よければ参考にしてみてくださいね。

※ここで紹介する対策法は、あくまでも個人的な方法ですので、人によっては効果があらわれない場合もあります。
自分に合った対策法を知りたい人は、まずは眼科で診察を受けることをおすすめします。

1.目薬をさす

ドライアイには、1に目薬、2に目薬です。目薬は失った水分を補給してくれますし、目に入った汚れを流してくれるのでとっても有効的。ドライアイにとっては必要不可欠なアイテムです。

目薬にも「一般点眼薬」「抗菌性点眼薬」「アレルギー用」など様々な種類がありますが、選びたいのは「人工涙液」
人工涙液は、人間の涙駅に近い成分で作られた目薬です。
目に潤いを与え、ドライアイなどの目の渇きを緩和し、ゴロゴロや異物感といった不快感も緩和する目的で作られた目薬です。

薬局やドラッグストアにも売っていて、多くはコンタクトレンズを付けたまま点眼出来ます。

その中でも特におすすめの目薬は、ソフトサンティアです。

眼科でも処方されていますが、最近ではドラッグストアでも多く見られるようになりました。
防腐剤が入っていないので、アレルギー症状を引き起こす心配が無く、目に傷が入りやすいドライアイでも大丈夫。
1本に入っている量が少量ずつなので、清潔で持ち運びしやすいのもポイントです。

実際にドライアイの方にとっても人気で、私の働いていたコンタクトレンズ販売店(眼科)でも、診察時に「この目薬が一番良いんだよねー」と、このソフトサンティアを求める方が非常に多かったです。

2.コンタクトレンズ装着液を使う

装着液とは、コンタクトの表面に液を落としそのまま目にはめることで、レンズ装着時のゴロゴロ感や目の乾きを抑えることの出来るアイテムです。
薬局やドラッグストアでも売っています。

有名なのは、ロートCキューブやCMプラスなど。
私はCMプラスを使っていますが、使った時と使っていない時では、やはり乾くまでの時間が全然違います。

3.装用時間は短めに

そもそも、コンタクトレンズの装用時間は12〜14時間、カラコンの場合は4〜8時間と短めです。
ソフトコンタクトは時間が経つと目から水分を奪ってしまう形状で出来ているため、長時間の装用は×なんです。
できればこの装用時間を守り、どうしても長く付けたい時は目薬を頻繁にさしたり、エアコンなど乾燥しやすい環境から遠ざかるようにしましょう。

また、「乾いてきた」「ゴロゴロしてきた」「目が疲れてきた」などと感じた時は、一度レンズを目から外し、少し目を休ませるのも◎です。仕事場や学校では難しいですけどね。

4.カラコンを付けたままお風呂に入らない

よくやってしまうのが、カラコンを付けたままお風呂に入っちゃうこと。
コンタクト付けたままじゃないと、見えにくいからよく洗えないし危ないし、保湿出来ていいんじゃない?と思いがちですが、実はNG。
お風呂やサウナでは室内が高温になるため、乾燥が起きやすくなってしまうんです。
実際、私も付けたまま入浴してしまったことが何度もあるんですが、その度に目が「しぱしぱ」して、我慢出来ないほどに。

また、カラコンに水やお湯が付着してしまうと、レンズが変形してしまう場合もあるため、お風呂に入る前には必ずカラコンを外してから入浴しましょう。

5.よく寝る

睡眠は、体にはもちろん目にとっても良いんです。
睡眠不足になると自律神経が乱れ、副交感神経の活動が減ってしまい、涙の分泌量が減ってしまいます。
必ず十分な睡眠を取るようにしましょう。

6.カラコンを付けない日を増やす

ここまでで、ドライアイにはカラコンは良くない、ということが分かっていただけたと思います。
ですが、付けるだけで可愛く見えるカラコンは、やはり魅力的・・・。
「カラコン無しでは外を歩けない!」って方も多いですよね。

日常的にカラコンを付けている人は、なるべくカラコンを付けない日を設け目を休めることも大事です。
平日にカラコンを使っている人は、休日はメガネや透明のコンタクトレンズで過ごす、を実行することで目のコンディションを少しでも良くすることが出来ます。

7.ワンデーのカラコンを選ぶ

現在日本で認可、販売されているカラコンには
・ワンデー(1日使い捨て)
・2ウィーク(試用期間2週間)
・マンスリー(試用期間1ヶ月)
の3種類があります。

この中で最も目に良いのは、やはりワンデー(1日)。
毎回新しいレンズを使うので目の清潔を保つことができ、瞳の健康を維持することが出来ます。

2ウィークやマンスリーはコスパが良いのですが、毎日の洗浄が必要。また、しっかり洗っているつもりでも取れない汚れがこびりついたままになり、さらにドライアイを悪化させてしまうリクスが高くなってしまいます。

また、カラコンにも多くの種類がありますが、比較的付け心地が良く乾きにくいのは
・小さめのレンズ(DIA 着色直径共に)
・低含水率レンズ
・DK/L値が高めのレンズ
・着色がドット
だと感じます。

小さめのレンズは眼球を覆う面積が小さいため、目に酸素を通しやすい傾向に。
低含水率レンズは50%以下の含水率のものを呼び、水分が蒸発しにくいレンズです。
DK/L値とは酸素透過率を示す値で、カラコンにはほぼ記載がないものの、ディファインやフレッシュルックデイリーズには記載がされており(ディファインは33、フレッシュルックは26)、推奨されている数値(24.1±2.7)よりも高めです。
着色がドットのカラコンは増えていますね。ドットにすることでべったり着色に比べ透明部分が増え、その分酸素を通しやすくなっています。

カラコンを選ぶ際には、これらのポイントを抑えて選ぶのも良いですね。

カラコン使用期限別対策法

上でも掲載しましたが、現在日本で認可、販売されているカラコンには「ワンデー」「2ウィーク」「マンスリー」の3種類がありますが、ドライアイの軽減や目の健康のためにはワンデーがおすすめ。

ですが、「毎日でもカラコンを付けていたい」「コスパが重要」な人はやっぱり2ウィークやマンスリーも気になっちゃいますよね・・・。

ここからは、各カラコンの使用期限別にドライアイ対策法を掲載していきます。
少しでも快適なカラコンライフを楽しめるように、参考にしてみてくださいね。

ワンデーカラコンの場合

ワンデーは、使い捨てカラコンの中でも一番目に良いレンズ。でもコスパが良くないため、意外と多くの人がやっちゃってるのが「一度使ったカラコンを次の日も使っちゃう」こと。

たった1時間使っただけでも、一度開封して目に付けたら、もうレンズの劣化は始まっています。
次の日に同じレンズを使うのは絶対にやめましょう。

では「目から外さなければ次の日も使えるの?」という方もいるかもしれませんが、それも違います。
ワンデーは毎日レンズを付け替えるから目に良いのであって、レンズそのものは2ウィークやマンスリーに比べると薄く、汚れも付きやすいです。
また、レンズを付けたまま寝てしまうと目に酸素が行き届かない状況が長時間続くため、ドライアイが悪化してしまうリスクも高まります。

ワンデーのカラコンは
・1度使ったら捨て、次の日は必ず新しいものに変える
・付けたまま寝ない
を徹底しましょう。

2week 1ヶ月カラコンの場合

ワンデーに比べるとコスパが良いため、デイリー派に人気の2ウィークカラコンとマンスリーカラコン。
確かに安く済むため毎日気軽にカラコンを付けることが出来るのですが、2ウィークもマンスリーも、ワンデーと違って毎日の洗浄が必要不可欠。
しっかりキレイに洗わないと、すぐにつけ心地が悪くなって使用期限通りに使えなかったり、ドライアイを悪化させてしまうこともあります。
使用期限いっぱい使うためにも、レンズの汚れをしっかり洗い落とし清潔を保ちましょう。

2weekと1ヶ月どっちが良いの?

2ウィークも1ヶ月も取り扱い方は一緒で、違うのは種類や試用期間のみ・・・。そう思いがちですが、実は違うんです。
値段の価格を比較したことがある方は、気づいた人も多いんじゃないでしょうか?
実は、マンスリーよりも2ウィークの方が、1日当たりの値段が安くコスパが良いんです。

「2ウィークの方が使用期限が短くて目に良さそうなのに、なんで安いの?」
商品によって違いますが、実はマンスリーの方がレンズが丈夫だったり、酸素透過率が良かったりします。
(マンスリーでもペラペラで破れやすかったり、すぐに装用感が落ちるものもありますが・・・)

個人的にですが、今まで使ってきたカラコンの中では、付け心地や乾きにくさで言うと
ワンデー > マンスリー > 2ウィーク
の順に付け心地が良く、2ウィークは毎日しっかりケアしても、3日目からゴロゴロしすぐ乾き、捨ててしまった・・・ということもよくあります。

そのため、
目の清潔を保てることを優先したい = 2ウィーク
付け心地にこだわりたい = マンスリー
が良いでしょう。ただし、商品や付ける人によって装用感は異なるので、あくまでも参考に。

汚れが落ちない・装用感が落ちた時の対処法

2ウィークやマンスリーを使っていると、毎日しっかり洗っていても、どうしても装用感は落ちてしまいます。
「1日目は全然ゴロゴロしなかったのに・・・まるで違うレンズみたい。」
それは、洗浄で落ち切らなかったたんぱく質が原因かもしれません。

体内からの分泌物に含まれるタンパク質などの汚れは、目に悪いものではないものの、コンタクトレンズの装用中に空気に触れて酸化したり、乾燥によって固着してしまいます。
このタンパク質汚れは通常の洗浄液では落ちきらない場合もあるので、「レンズの装用感が低下した」と感じたときは、タンパク質除去剤を使用するのがおすすめです。

タンパク質除去剤にも様々なタイプがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

1滴タイプ

レンズケースの左右に1滴ずつ垂らして、洗浄液と共に数時間以上放置するタイプ。
毎日1滴加えるだけで、落ちにくいタンパク質の汚れまでしっかり分解洗浄することが出来る酵素洗浄液です。
お手軽さナンバーワン。

販売商品
オフテクス クレスター
プラスワン など

錠剤タイプ

レンズケースの左右に1錠ずつ入れて、消毒液と共に放置するタイプ。
洗浄力が高めでスッキリするのと、30分でタンパク質除去が終了する手軽さが人気です。

販売商品
アクティバタブレット など

こすり洗いタイプ

レンズに液を垂らして、指でこすり洗いをするタイプ。微粒子が研磨剤のような役割になり、汚れをキレイにします。
1滴タイプや錠剤タイプよりも安めでコスパが良いのですが、洗い方が悪いとレンズを破いてしまったり、汚れ落ちが足りないのがデメリット。

販売商品
バイオクレン ミクロン など

ここで紹介したものをはじめ、ドラッグストアにも、もっとたくさんの種類が置いてあります。
ただ、ハードコンタクト(O2レンズ)用のものと一緒に陳列してあることも多いので、よく確認してから購入しましょう。

レンズケースも清潔に

コンタクトレンズの汚れは、目から出る汚れだけでなくレンズケースから付着する場合もあります。
レンズケースに汚れや雑菌が付いていると、せっかくキレイにレンズを洗浄しても意味がない!なんてことも・・・。
レンズだけでなく、ケースも毎日清潔な状態にし、1ヶ月ごとに新しいものに交換するようにしましょう。

ドライアイ対策法まとめ

・目薬や装着液を使う
・カラコンを付けたままお風呂に入らない
・よく寝る
・カラコンを付けない日を増やす
・コンタクトを付けたまま寝ない
・2ウィークやマンスリーはタンパク質除去をする

ここでは、ドライアイのための対策法をいくつか掲載してきました。
ドライアイは良くなることはありませんが、コンタクトのゴロゴロ・乾きやすいを軽減し、快適に過ごすことは可能です。
目の健康を第一に考え、楽しいカラコンライフを送りましょう!

関連記事:付け心地が良い!乾かない!カラコン10選







おすすめカラコン

1

カラコンは付け心地でも選びたい! 可愛くなれるファッションアイテムとして、欠かせないカラコン。 ですが、コンタクトに色素が付いているため、目に酸素が行き届きにくく ・ゴロゴロする ・すぐ乾く ・充血し ...

2

安いけど、安全で安心出来るカラコンを選びたい! ファッションアイテムとして大人気のカラーコンタクト=カラコン。 もはや付けているのは当たり前とも言える時代で、10代〜40代以上の方、最近では男性にも大 ...

3

着色直径(色素)が小さいカラコン カラコンで選ぶポイントといえば、 「カラー」や「サイズ」、「フチあり」などなど。 特にサイズは瞳の大きさを決める最も重要なポイントですよね。 ですが、同じサイズなのに ...

no image 4

カラコンといえばワンデーや2week、マンスリーなど使い捨てのタイプが人気ですね。 使い捨てカラコンは、定期的に新しいレンズに変えることによる衛生面の安全性の高さが魅力。 瞳を清潔に、健康的に保つこと ...

フチがぼかしてあるカラコン 5

カラコンの中でも人気のフチありカラコン。 フチありカラコンとは、レンズの周りをぐるっと濃いカラーで囲んだカラコンのこと。 フチがあることで黒目を大きく見せる効果を期待することが出来るんです。 ですが、 ...

-未分類

Copyright© ヘーゼルカラコンの人気ランキング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.